世界日報 Web版

卓球男子団体、日本はドイツにあと一歩及ばず


張本智和が獅子奮迅の活躍で見せ場、韓国と3位決定戦へ

卓球男子団体、日本はドイツにあと一歩及ばず

卓球男子団体準決勝、ドイツ戦の第1試合で敗れた丹羽孝希(右)、水谷隼組=4日、東京体育館

 卓球団体の日本男子は2大会連続の決勝はならなかった。強豪ドイツとの3時間を超える熱戦の末に2-3で競り負けた。ただ、そんな中でもエースの張本が獅子奮迅の活躍で見せ場をつくった。

 0-1で迎えた第2試合で、個人戦のシングルス銅メダルのオフチャロフと対戦。第1ゲームを奪われ、第2ゲームもリードを許したが、張本のプレーには全く迷いがなかった。強気のバックハンドレシーブを中心に攻めて奪い返すと、第3、第4ゲームも取った。

 水谷がボルに敗れ、1-2で後がなくなって迎えた第4試合でも、張本は0-2からフランツィスカに逆転勝ち。リーチの長い相手に対して台上プレーに持ち込んでフルスイングを封じ、勝機を見いだした。結果的にチームは敗れたが、エースとしての役割は果たした。

 初の五輪で個人戦のシングルスは4回戦敗退。その試合直後に倉嶋監督から声をかけられた。「このまま地元のオリンピックを終わらせたくないなら、団体戦でもう一回頑張ろう」。どんな時も自分を励ましてくれた指揮官の言葉。これに奮起し、ようやく東京で自分らしいプレーができた。

 まだメダルのチャンスはある。3位決定戦は韓国と激突する。本来の姿を取り戻したエースが今大会の最終戦に全力を注ぐ。