世界日報 Web版

ディアス選手、勝因は「南シナ海問題」?


フィリピン初の金メダリスト「国を代表して中国倒せた」

ディアス選手、勝因は「南シナ海問題」?

重量挙げのフィリピン代表、ヒディリン・ディアス選手=7月26日、東京(EPA時事)

 東京五輪でフィリピン初の金メダルに輝いた重量挙げ女子のヒディリン・ディアス選手(30)について、同国重量挙げ協会のプエンテヴェラ会長が「西フィリピン海(南シナ海)の問題があったから勝てた」と発言し、話題になっている。ディアス選手も29日の記者会見で「西フィリピン海は私たちのもの」と繰り返し、「戦争ではないけれど、国を代表して中国を倒せた」と語った。

 プエンテヴェラ会長の発言は、ディアス選手が強敵の中国選手を破って金メダルを獲得した翌日の27日の取材で飛び出した。試合前に「中国には何度も打ち負かされてきた。今度はお前の番だ」とけしかけたとも明かした。一連の発言は、政治的中立を掲げる五輪憲章とは相いれないが、国内では好意的に受け止められている。

 一躍「時の人」となったディアス選手に対し、政府や企業は競うように家や賞金の寄贈を発表。同選手は30日までに、家3軒やアパート1軒のほか、総額4850万¥外字(b3b8)(約1億600万円)の賞金、生涯無料の航空券とガソリン代、車2台を獲得した。(マニラ時事)