世界日報 Web版

大名家・侯爵家にふさわしい豪華さと品格


佐賀市の徴古館で「梨本伊都子妃のおひなさま」展示

大名家・侯爵家にふさわしい豪華さと品格

 佐賀県佐賀市の城下町でひなまつりが開かれている。中心会場となる徴古館で3月31日(月)まで展示されているのは、「梨本伊都子妃のおひなさま」。

 往時の雛(ひな)祭りを再現した大雛壇は、大名家・侯爵家にふさわしい豪華さと品格を兼ね備えたもの。

 さらに鍋島家から嫁いだ梨本伊都子妃をはじめ、その長女方子(李王家に嫁ぐ)、二女規子(廣橋家に嫁ぐ)、さらに規子の長女樹勢子を中心とした雛人形・雛道具類が特別展観されるのは、今年だけ。

 徴古館は昭和2年の建築で、国の登録有形文化財となっている。問い合わせは、徴古館 (電)0952(23)4200。