世界日報 Web版

萱和磨、抜群の安定感で日本勢17年ぶりのメダル


種目別のあん馬で銅、「諦めなければ絶対に何かが起こる」

萱和磨、抜群の安定感で日本勢17年ぶりのメダル

体操男子種目別あん馬で、銅メダルを獲得した萱和磨=1日、有明体操競技場

萱和磨、抜群の安定感で日本勢17年ぶりのメダル

体操男子種目別決勝、あん馬の演技をする萱和磨=1日、有明体操競技場

 抜群の安定感を誇る萱の真骨頂だった。種目別のあん馬で日本選手17年ぶりのメダル。手ごわい世界のスペシャリストを相手に3位の結果。日本屈指のオールラウンダーは「諦めなければ絶対に何かが起こる。そう信じて挑んだ」と充実感を口にした。

 予選は7位。決勝は倒立して体をひねりながら移動、開脚旋回へとつなげる高難度の「ブスナリ」を加えた演技構成に変え、Dスコア(演技価値点)を0・2点アップの6・6点とすることを狙った。単独の技としては日頃から練習しているが、演技の流れに組み入れて練習したのは7月26日の団体総合決勝が終わってからだったという。当然難しさはあったが、「『失敗しない男』と言われるけど、メダルを狙って失敗しない演技を目指している」。強い自負があった。

 決勝は8人中6番目の演技。最初でいきなりホイットロックが15点台半ばの高得点を出したが、気持ちは揺るがない。「周りの演技は気にせず、自分の演技に集中した」。ブスナリも含めて一つ一つの技を丁寧に、スムーズにつなげていき、体勢も安定。演技を終え、馬上から下りると感情を爆発させるように右拳を突き上げ、雄たけびを上げた。

 団体総合ではチームの主将として、銀メダル獲得に貢献。種目別あん馬で、個人では初めてのメダルを首に掛けた。それでも「やっぱり(団体総合で)金が欲しい」という思いもふつふつと湧いてきた。今大会最後の出番を「パリに向けた1試合目」と位置付け、早くも3年後を見据える。橋本ら若手が急成長を見せた日本男子。彼らを率いるリーダーとして萱もまた、世界との戦いの中で頼もしさを増した。