世界日報 Web版

競泳女子で日本初の2冠、偉業に「夢みたい」


大橋悠依選手の恩師らが祝福「苦しい時期が報われた」

競泳女子で日本初の2冠、偉業に「夢みたい」

大橋悠依選手の2冠達成を喜ぶ元コーチの奥谷直史さん(前列右から2人目)ら=28日、大津市(時事)

競泳女子で日本初の2冠、偉業に「夢みたい」

バドミントン・桃田賢斗プロフィル(時事)

 「後悔はないと言えるように泳いだ。まだ夢みたい」。200メートル個人メドレーで28日、金メダルを獲得し、競泳女子の日本勢で初めて2種目を制覇した大橋悠依選手(25)。苦難の末にたどりついた偉業。かつての指導者らは、「苦労が報われた」と感激の声を上げた。

 重度の貧血で思うように泳げない日々が続き、弱気になって一時は競技引退も考えた。代表入りが決まった後も、本来の泳ぎができず「決勝にも残れないのでは」と不安の中にあった。

 支えとなったのが家族や監督、チームメートら周囲の人だった。「迷惑を掛けたが、少しは返せたと思う」。晴れ晴れとした表情を浮かべた。

 大津市のスポーツクラブでは、元指導コーチや同級生ら約20人がテレビ中継を見守った。二つ目の金メダルが決まった瞬間、「やった」「最高だ」と叫び、万歳をして喜んだ。

 小学3年生から高校卒業時まで大橋選手を指導した奥谷直史さん(53)は、「3位までに入ってくれたらと思っていたが、まさか金メダルとは」と興奮冷めやらぬ様子。小学生の頃から、結果が出ない時でも反復練習を怠らず、自分を信じて地道な努力を重ねる姿を見てきた。「苦しい時期もあったと思うが、報われた。最後の最後に負けないという気持ちが出た」と教え子をたたえた。

 小学校から高校まで一緒に練習した滋賀県草津市の会社員、岸本悠花さん(25)は「昔から負けず嫌いだった」と振り返り、「勇気とパワーをもらった。帰ってきたらおめでとう、ありがとうと伝えたい」と話した。