世界日報 Web版

久保の左足が再び炸裂、日本3連勝で8強に


日本代表で五輪初の3戦連発、世界を驚かせる大会に

久保の左足が再び炸裂、日本3連勝で8強に

フランス戦の前半、先制ゴールを決め、喜ぶ久保(左)=28日、横浜国際総合競技場(時事)

 久保の勢いが止まらない。フランス戦でも前半に左足がさく裂し、日本の五輪史上初となる3試合連続ゴールで先制点。「自分が最大限チームの勝利に貢献する」。まさに有言実行の活躍で、高らかに左手を突き上げた。

 帰陣が遅れた相手の隙を逃さなかった。敵陣でのスローインの流れから、田中の縦パスを受けると、上田へラストパス。そのシュートのこぼれ球に反応し、左足を一閃(いっせん)。1点差負けでも突破できるチームに余裕を与え、自身も次戦へ備えて前半で退いた。

 「史上最強」と呼ばれるチームの核をなす20歳。金メダルを目指すが「個人的にはそこまで(強豪国に)近づいたと思っていない」とも話す。10歳でスペインの名門バルセロナへ渡り、世界基準に長く触れてきたからこそ抱く危機感も持って、この舞台に臨んでいる。

 3連勝で8強入り。「ここで勝ったからといって差が縮まるわけではないが、しっかり勝つことで日本サッカーのアピールにつながる。世界を驚かせる大会にしたい」。久保の五輪での野望だ。今大会3ゴールとし、得点王争いの興味も湧く。プロのキャリアをスタートしたこの東京で、主役として輝いている。