世界日報 Web版

江田五月元参院議長、肺炎のため80歳で死去


社民連代表、法相などを歴任、当選回数は衆参4回ずつ

江田五月元参院議長、肺炎のため80歳で死去

江田五月元参議院議長(時事)

 社民連代表を務め、法相などを歴任した江田五月(えだ・さつき)元参院議長が28日午前8時36分、肺炎のため、岡山市の病院で死去した。80歳だった。同市出身。

 江田氏は裁判官出身。実父で社会党書記長を務めた三郎氏の死去を受け、1977年の参院選全国区に社民連から立候補し、初当選。衆院へくら替え後、参院に戻り、当選回数は衆参それぞれ4回に及んだ。

 85年には社民連代表に就任。93年の細川連立政権に参画し、科学技術庁長官で初入閣。その後は日本新党、新進党を経て、98年の民主党結成に参加した。2007年の参院選で衆参の与野党勢力が逆転する「ねじれ国会」となる中、参院議長に就任し、同党で初めて三権の長の一角を占めた。

 民主党政権下では、菅再改造内閣で法相を務め、その後に環境相も兼務。議長経験者としては極めて異例な入閣を果たした。16年の参院選に出馬せず政界を引退。