世界日報 Web版

菅首相、電話で柔道金の高藤直寿選手を祝福


「男泣きに感動」、大橋悠依選手、堀米雄斗選手にも祝意

菅首相、電話で柔道金の高藤直寿選手を祝福

東京五輪柔道男子60㌔級で金メダルを獲得した高藤直寿選手と電話で話す菅義偉首相=25日午前、首相公邸(代表撮影・時事)

 菅義偉首相は25日、東京五輪で日本勢初の金メダルを獲得した柔道男子60キロ級の高藤直寿選手に首相公邸から電話し、「本当におめでとう。勝利への強い執念を感じた。試合後の男泣きを見て、多くの皆さんが感動したと思う」と祝福した。

 首相は、銅メダルだった前回のリオデジャネイロ五輪を踏まえ、「努力を実らせての金メダルだ。本当に大変な道のりだったと思う」とねぎらった。高藤選手は「5年間は長かった。家族も喜んでくれて、本当に頑張って良かった」と語った。

 電話の様子は首相官邸のツイッターで生配信された。

 また、同じく金メダルを獲得した競泳女子400メートル個人メドレーの大橋悠依選手、スケートボード男子ストリートの堀米雄斗選手らにもツイッターで祝意を示した。