世界日報 Web版

都内で記念集会、沖縄復帰「5月15日を祝日に」


49周年を記念し東京都文京区で集会、祝賀パレードを実施

都内で記念集会、沖縄復帰「5月15日を祝日に」

沖縄復帰を記念してパレードする参加者=22日午後、東京都文京区(竹澤安李紗撮影)

 1972年5月15日の沖縄県復帰を記念し、一般社団法人・日本沖縄政策研究フォーラムは22日、「沖縄県祖国復帰49周年記念集会」を東京都文京区内で開催した。集会後、祝賀パレードを行った。

 集会で行われた青年の弁論では、沖縄県宜野湾市出身の神谷龍さん(26)が登壇し、「祖国復帰と慰霊の心」という題でスピーチ。学徒出陣に触れ、「『国のために死ぬことは本望だ』と書き残し、戦死した17歳の青年が命を懸けた『日本』の価値は何であるか、問い続ける必要がある」と熱弁した。

 パレードには強い日差しの中、沖縄県出身者など約70人が参加。「5月15日を日本の祝日にしよう!」と連呼した。

 主催者の仲村覚・同フォーラム理事長は「沖縄に住む日本人の熱い情熱により、平和に実現された沖縄復帰の歴史を正しく伝えていきたい。今の日本においても、この歴史から学ぶことは多くある」と語った。このほか、有村治子参議院議員、吉田康一郎中野区議会議員らが祝いのメッセージを寄せた。