世界日報 Web版

豪にコールド勝ち、内藤・藤田・山本で3本塁打


ソフトボール日本代表、豪快にアーチを架け開幕戦白星

 

豪にコールド勝ち、内藤・藤田・山本で3本塁打

オーストラリア戦の1回、ゴロを処理する上野(手前左)=21日、福島県営あづま球場(時事)

豪にコールド勝ち、内藤・藤田・山本で3本塁打

オーストラリア戦の5回、2点本塁打を放った山本(左手前)と祝福する上野(右から2人目)ら=21日、福島県営あづま球場(時事)

 日本は内藤、藤田、山本が開幕戦で豪快にアーチを架けた。三回2死二塁で内藤が中越えの勝ち越し2ラン。「外国人投手にはコンパクトにいかないと力負けする。タイミングの取り方を意識している」と話していた通りの打撃で貴重な一発を放った。

 四回無死一塁では、投打の「二刀流」で知られる藤田が左越え2ラン。五回は山本の2ランでコールド勝ちを決めた。無観客でスタンドからの歓声はなかったが、一発攻勢に日本ベンチは沸いた。