世界日報 Web版

被災した気仙沼の海水浴場が11年ぶりに再開


大谷海水浴場が開設、住民の要望を踏まえて計画変更

被災した気仙沼の海水浴場が11年ぶりに再開

大谷海水浴場が被災後初めてオープンし、海水浴を楽しむ子供たち=17日午前、宮城県気仙沼市(時事)

 東日本大震災で被害を受けた宮城県気仙沼市の大谷海水浴場が17日、被災後初めてオープンした。2017年11月に始まった防潮堤の工事がほぼ完了し、11年ぶりの開設となった。

 海水浴場は震災で地盤沈下や砂浜が削られるなどの被害を受けた。当初、砂浜がほとんど残らない形で防潮堤の建設が計画されたが、「砂浜を残したい」という住民の要望を踏まえ変更。海水浴場の開設に十分な砂浜を維持した。

 家族で訪れた仙台市宮城野区の会社員澤藤東志紀さん(34)は「震災後、海に行く気になれなかったが、11年ぶりの再開なので訪れた」と語った。同じく子供と訪れた同区の主婦名和こず恵さん(44)は「子供は震災を知らない。防災の話をするためにも海水浴場は必要」と話した。

 開設された海水浴場は長さ約300メートルで、期間は8月22日まで。新型コロナウイルス対策を取りつつ、感染者が出た場合は閉鎖するという。