世界日報 Web版

三菱ふそう、AIを活用して効率配送を支援


米IT企業ワイズ社と業務提携、配送計画を自動作成

 

三菱ふそう、AIを活用して効率配送を支援

三菱ふそうトラック・バスが国内運送業者に販売を始める人工知能を活用した配送システムで、自動作成された配送ルートをスマートフォンで確認するドライバー(同社提供・時事)

 三菱ふそうトラック・バス(川崎市)は15日、米IT企業のワイズシステムズ(マサチューセッツ州)と業務提携したと発表した。ワイズ社開発の人工知能(AI)を活用した配送計画システムの販売を今年秋に始める。運送業界では人手不足が深刻化しており、新システムで各社の運送業務の効率化を後押しする。

 このシステムは、注文や道路渋滞の状況など必要な情報をAIで分析し、最適な配送計画を自動作成する。計画はドライバーのスマートフォンに配信され、配送ルートの確認などが容易になる。中小を含め幅広い顧客を獲得するため、システム導入費や利用料を抑えた。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛により、インターネット通販の需要が急増。人手不足の業界では業務の一段の効率化が急務だ。三菱ふそうの担当者は「多くの企業でベテランが担う配送計画作成をデジタル化し、課題解決につなげたい」と説明する。