世界日報 Web版

日本ハムの伊藤大海、五輪へ期待膨らむ快投


追加招集の伊藤、丁寧に投げ7回無失点でロッテを破る

日本ハムの伊藤大海、五輪へ期待膨らむ快投

日本ハム先発の伊藤=9日、ゾゾマリン(時事)

 東京五輪での活躍へ期待が膨らむ快投だった。5日に日本代表への追加招集が発表された日本ハムの伊藤が7回を無失点。ブルペンで感触が良くなかった分、「丁寧に投げようとしたのがよかったのかな」。許した安打は一回の内野安打だけで、自身6連勝を飾った。

 「今までの投球を評価していただけた。自分の投球をやり切ろうという気持ちでいった」。侍ジャパンの稲葉監督が選出理由に挙げていた「スライダーのコントロールの良さ」と「マウンド度胸」をこの日も披露。スライダー以外の制球もさえ、幅の広い投球で試合を支配した。

 100球を超えて迎えた七回は先頭のマーティンに粘られ、9球目で歩かせた。気落ちしてもおかしくない場面だったが、続くレアードを2球で追い込むと、低めの変化球で投ゴロ併殺打に。落ち着いてピンチの芽を摘んだ。

 日本代表への思いはあったが、ルーキーイヤーでまさかの選出。「(思っていたより)ちょっと早かったけど、プラスにしていけるように頑張っていきたい」。大舞台でも堂々としたマウンドさばきを見せそうな雰囲気は漂っている。