世界日報 Web版

千葉・八街で児童5人死傷、事故現場にタイヤ痕


数時間前に飲酒か、危険運転致死傷容疑も視野に捜査進める

千葉・八街で児童5人死傷、事故現場にタイヤ痕

千葉県八街市の5人死傷事故で、県警佐倉署から成田空港署へ移送される運転手梅沢洋容疑者(中央)=29日午前、千葉県佐倉市(時事)

 千葉県八街市で小学生の列にトラックが突っ込み、児童5人が死傷した事故で、現場の道路にタイヤ痕が残っていたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で逮捕された運転手の梅沢洋容疑者(60)=同市=は事故直前に急ハンドルを切って電柱に衝突したと供述しており、県警は当時の詳しい状況を調べている。

 事故は28日午後3時半ごろ発生。八街市立朝陽小学校に通う8~6歳の児童5人が下校中、梅沢容疑者の運転するトラックにはねられ、谷井勇斗さん(8)と川染凱仁さん(7)が死亡し、1人が意識不明の重体、2人が重傷を負った。

 捜査関係者によると、現場の市道には明らかな急ブレーキの跡は確認されなかったが、タイヤ痕が残っていた。スリップした際にもできることがあり、県警が詳しく調べている。

 また、梅沢容疑者の呼気から基準値を上回るアルコールが検出されていたが、検出値などから事故の数時間以内に飲酒をした疑いがあることも判明。県警は危険運転致死傷容疑も視野に調べを進める。

 県警は29日、梅沢容疑者の勤務先や自宅を家宅捜索。勤務先からは出勤簿や従業員名簿などを押収した。