世界日報 Web版

豪シドニーを全域封鎖、デルタ株の感染抑止で


冷静な行動を呼び掛け、感染力は少なくとも従来の2倍か

豪シドニーを全域封鎖、デルタ株の感染抑止で

26日、ロックダウン(都市封鎖)実施に当たり閑散とする豪シドニー(AFP時事)

 オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州は26日、感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異株、デルタ株(インド型)の感染拡大を抑えるため、豪最大都市シドニーの全域でロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表した。

 州政府によると、国際線の乗務員を送迎する運転手の感染が16日にシドニーで判明して以降、感染者は約80人に達した。州政府はデルタ株の感染力が少なくとも従来の2倍はあると警戒しており、都市封鎖に踏み切った。ベレジクリアン州首相は記者会見で「パニック買いは不要だ」と冷静な行動を呼び掛けた。

 封鎖期間は26日午後6時(日本時間同日午後5時)から7月9日深夜までの約2週間。対象地域は500万人以上が住むシドニー大都市圏と、世界遺産ブルーマウンテンズなど周辺地域が含まれる。生活必需品の購入など一部の例外を除き、外出が禁止される。

 報道によれば、シドニーの感染拡大を受けてニュージーランドのアーダーン首相は、7月上旬に予定していた豪州訪問の延期を決めている。(シドニー時事)