世界日報 Web版

都のモニタリング会議、「感染再拡大の予兆」


感染者数の増加比が大きく上昇、専門家が人出の抑制を要請

都のモニタリング会議、「感染再拡大の予兆」

静養中の小池百合子知事が不在で開かれた東京都の新型コロナウイルスモニタリング会議=24日午後、都庁(時事)

 東京都は24日、専門家を交えた新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。都内の7日間平均の新規感染者数は前週比で増加に転じ、前週分と比べた感染者数の増加比も2週続けて大きく上昇しており、専門家は「感染の再拡大の予兆が見られる」と警告。人出の抑制など感染対策を徹底するよう要請した。

 都内の7日間平均の新規感染者数は23日時点で418・0人(前週376・3人)。年代別では20~40代が全体の約67%を占め、中でも20代が約32%と最も多い。

 増加比は、先々週80・3%、先週96・6%と推移し、今週は111・1%だった。国立国際医療研究センターの大曲貴夫氏は「これまで以上に人流の増加の抑制、基本的な感染防止対策を徹底し、急激な感染の再拡大を阻止しなければならない」と述べた。

 過労で静養中の小池百合子知事は欠席した。多羅尾光睦副知事は会議後、記者団の取材に「東京都としては、組織として今までと変わらずコロナ対策に万全を尽くしていく」と強調した。