世界日報 Web版

五輪の都内PVを全て中止へ、ウェブ活用で代替


人出の増加による感染拡大を懸念、一部を接種会場に転用

五輪の都内PVを全て中止へ、ウェブ活用で代替

五輪期間中の東京都内でのパブリックビューイング(PV)を全て中止すると明らかにした小池百合子知事=19日午後、都庁(時事)

 東京都の小池百合子知事は19日、東京五輪・パラリンピック期間中に都が開催する予定だったパブリックビューイング(PV)を、6会場全てで中止すると表明した。井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)のライブサイトなど一部は、新型コロナウイルスのワクチン接種会場に転用する。

 小池氏は菅義偉首相と会談後、都庁で記者団の取材に「大会を成功させるためにさまざまな観点から必要な対策だ。首相からも理解を得た」と説明。PVの代替として「ウェブを活用し大会の盛り上げや文化発信をしていく」と述べた。

 競技体験や飲食販売なども行う大規模なライブサイトのうち、代々木公園(渋谷区)については既に大規模接種会場への転用が決定。今回、PV実施予定の都立大学南大沢キャンパス(八王子市)も新たに大規模接種会場とすることを決めた。調布駅前広場(調布市)はPVを中止した上で、駅周辺で同市が実施しているワクチン接種に都が協力する。

 PVをめぐっては、人出の増加による感染拡大が懸念され、各地で中止表明が相次いでいる。政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長らも中止を提言した。

 都内の新規感染者数は下げ止まっており、人出の増加も顕著となっている。感染力の強い変異株が広がっていることもあり、感染が急拡大する可能性を専門家らが指摘していた。