世界日報 Web版

福島の水道水、モンドセレクションの金賞を獲得


浪江町を「水のおいしい町」として国内外に、イメージ払拭を

福島の水道水、モンドセレクションの金賞を獲得

「NAMIE WATER」のモンドセレクション金賞受賞を受け、撮影に応じる吉田数博町長(左から2人目)=9日午後、浪江町役場(時事)

 福島県浪江町の水道水をペットボトルに詰めた「NAMIE WATER(なみえの水)」がこのほど、国際的な品質評価機関「モンドセレクション」の金賞(ビール・飲料水・ソフトドリンク部門)を受賞した。町は「水のおいしい町」として、国内外に町産品の安全性を広めたい考えだ。

 水道水は、毎日放射性物質検査で安全性を確認。ペットボトルには町のシンボル、カモメやコスモスなどが描かれている。吉田数博町長は「『放射能で汚染された地域』とのマイナスイメージが払拭(ふっしょく)されれば」と期待する。