世界日報 Web版

周囲に感謝、オリックスの山本が交流戦MVP 


「チームを勢いづけられる投球を」、リーグ戦再開へ気合

周囲に感謝、オリックスの山本が交流戦MVP

交流戦MVPに輝き、記者会見するオリックスの山本=17日、大阪市(時事)

 交流戦MVPに輝いたオリックスの山本は周囲に感謝した。3戦3勝した自身の圧倒的な投球を振り返る前に、口にしたのはチームメートへの謝意。「中日戦で山足さんが(相手と)接触しながら、しっかり球を捕ってくれて無事に勝利できた。いろんな方のサポート、力を借りて取れた」。常に謙虚な22歳らしい言葉だった。

 交流戦前は不調で自己ワーストの3連敗。そこから、うまく上昇気流を描いた。チームは6連勝で交流戦を終了。首位楽天に2ゲーム差まで迫り、リーグ戦再開となる18日からの直接対決を迎える。そのカード初戦を任されたエースは「この3連戦が大事なのはみんな分かっている。チームを勢いづけられるような投球をしたい」と力を込めた。