世界日報 Web版

ステルス機70機、北京・天安門広場の上空を飛行


共産党創立100年記念式典のリハーサル、1.4万人が参加

ステルス機70機、北京・天安門広場の上空を飛行

13日、北京市中心部の上空を「71(7月1日)」の形で編隊飛行する中国の戦闘機「殲10」(時事)

 中国の首都・北京市中心部で13日、7月1日に行われる共産党創立100年を祝う記念式典のリハーサルが行われた。天安門広場周辺の上空には最新鋭ステルス戦闘機「殲20」15機を含む約70機が飛行した。

 殲20は5機ずつ3グループに分けて飛行。約30機のヘリコプターが「100」の形で飛行するなど、式典で披露されるとみられる編隊飛行が行われた。国営新華社通信によると、天安門広場周辺では12日夜から13日未明に1万4000人以上が参加し、軍楽隊による演奏など式典の流れを確認した。(北京時事)