世界日報 Web版

作曲家の小林亜星さん、心不全のため88歳で死去


「北の宿から」など作曲、俳優やタレントとしても活躍

作曲家の小林亜星さん、心不全のため88歳で死去

作曲家の小林亜星さん(時事)

 「北の宿から」など記憶に残る歌を数多く作曲し、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」などで俳優としても活躍した小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため死去した。88歳だった。東京都出身。葬儀は故人の遺志で近親者で済ませた。

 慶応大卒業後、作曲家の故服部正氏に師事。1961年にレナウンのCM曲「ワンサカ娘」「イエ・イエ」で注目を集めた。「酒は大関こころいき」「日立の樹(この木なんの木)」などのCM曲を多数作曲。演歌や歌謡曲も手掛け、都はるみさんが歌った「北の宿から」は、76年の日本レコード大賞を受賞した。

 「狼少年ケン」「科学忍者隊ガッチャマン」「魔法使いサリー」などのアニメ主題歌や挿入歌でも親しまれ、72年に発表した子ども番組の「ピンポンパン体操」は200万枚を超す大ヒットとなった。

 74年にはドラマ「寺内貫太郎一家」に主演。2002年のNHK連続テレビ小説「さくら」では、ヒロインの頑固な祖父を演じるなど、俳優としても存在感を示した。クイズ番組「ヒントでピント」の解答者を務めるなど、タレントとしても活躍した。