世界日報 Web版

ドローンで配達「空飛ぶ牛丼」、実用化に期待


出前館・吉野家などが横須賀で実証実験、強風時も飛行可能

ドローンで配達「空飛ぶ牛丼」、実用化に期待

配送先の病院の屋上に牛丼が入った箱を置き、離陸するドローン=10日、神奈川県横須賀市(時事)

 飲食宅配代行大手の出前館と吉野家、神奈川県などは10日、牛丼をドローンで配送する実証実験を同県横須賀市内で実施した。ドローンは発進地点から約5キロを15分ほどかけて飛行。中身をこぼさず、温かい状態で届けることができた。

 実験では、吉野家のスタッフがキッチンカーで調理した牛丼を専用の箱に入れ、ドローンに載せた。途中海上を飛行し、目的地の市立病院の屋上に無事着陸した。

 実験には、ドローンを開発するエアロネクスト(東京)の機体を使用。重心が常に中心となるよう設計することで一般的なドローンの2倍、最高時速72キロを実現し、強風時の飛行も可能にした。積載重量5キロまで、往復20キロ航行できる。

 実験に参加した出前館の藤井英雄社長は「自転車による配送が難しい、人口密集地以外にもサービスを拡大できる」と語り、実用化に期待感を示した。