世界日報 Web版

富山地方鉄道に「レトロ電車」が登場


木のぬくもりを、路面電車開業100周年を記念して

富山地方鉄道に「レトロ電車」が登場

 富山地方鉄道(富山市)で、路面電車開業100周年を記念した「レトロ電車」が運行を開始した。約50年前に製造された車両をリニューアルしたもので、JR九州の豪華列車「ななつ星」を手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインを担当した。

 レトロ電車は木のぬくもりが感じられるように、床や椅子などに木材を使っている。また、過去に使われていた照明器具も再利用した。

 出発式で、水戸岡さんは「大人も子どもも一緒になって旅を楽しんでほしい」とあいさつした。南富山駅-大学前駅間を平日6往復、土日祝日12往復する。