世界日報 Web版

海外アスリートを日本の食文化でおもてなし


東京五輪組織委が授賞式、公募の選手村メニュー5作品

海外アスリートを日本の食文化でおもてなし

「東京2020みんなのフードプロジェクト」の本賞を受賞した「冷たいおでん」=9日、東京都中央区 Photo by Tokyo 2020

海外アスリートを日本の食文化でおもてなし

オンラインで受賞した綿貫みどりさんと選考メンバーの池田信太郎氏(右)=9日、東京都中央区 Photo by Tokyo 2020

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、選手村で提供するメニューを一般募集した「東京2020みんなのフードプロジェクト」の本賞5作品の授賞式をオンラインで行った。授賞式には選考委員として、池田信太郎・バドミントン元日本代表などが出席し、全715作品から選ばれた5作品の作者が表彰された。

 本賞作品「日本の国民食『おでん』夏バージョン!」を作った綿貫みどりさんは、「食のフィールドから東京大会に関われてとても嬉しい」と受賞の喜びを語り、「和食の命である『だし』の良さを世界に届けたい」と作品に込めた思いを話した。作品を試食した池田氏は「他国の五輪では、野菜を取るにはサラダがほとんどだったが、冷たいおでんは画期的だ」と評価した。

 組織委員会の古宮正章副事務総長は、総評として「素晴らしいメニューを生み出してくれた受賞者に感謝する。大会は今厳しい状況だが、海外アスリートにおもてなしとして、日本の食文化を味わってもらいたい」と語った。

 本賞採用メニューは選手村カジュアルダイニングにおいて、実際に世界のアスリートに振る舞われる予定だという。