世界日報 Web版

アルツハイマー薬「アデュカヌマブ」、米で承認


エーザイとバイオジェンが共同開発、原因物質に直接作用

アルツハイマー薬「アデュカヌマブ」、米で承認

米食品医薬品局(FDA)が承認したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」(製品名アデュヘルム)(エーザイ提供・時事)

 米食品医薬品局(FDA)は7日、日本の製薬大手エーザイと米バイオ医薬品大手バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」を承認したと発表した。これまでは進行を一時的に遅らせる薬しかなく、原因とされる物質に直接作用する治療薬の承認は世界初。高齢化に伴う患者数急増が懸念される中、使用への期待が高まっている。

 FDAは承認理由について、患者の脳内に蓄積し発症に至るとみられる物質「アミロイドβ(ベータ)」が、同薬の投与によって一貫して減ることが臨床試験(治験)で確認されたと説明。一方で、認知機能の低下を抑えることができたとする治験結果を疑問視する声が専門家から出ている。このためFDAは、今後追加で行う治験で意図した効果が示せなければ、承認を取り消す可能性もあるとくぎを刺した。

 同薬は軽度の患者に月1回の投与を想定。昨年以降、日本や欧州連合(EU)などでも承認申請されている。

 エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は「アルツハイマー病治療の歴史に新たな1ページを開くことができた」と承認を歓迎した。(ニューヨーク時事)