世界日報 Web版

2万4000年前の微小動物が復活、増殖も成功


シベリアの大地に眠っていた体長0・5ミリのワムシを解凍

2万4000年前の微小動物が復活、増殖も成功

シベリアの2万4000年前の土壌から解凍され復活したとされるワムシ=撮影日不明(AFP時事)

 ロシアの研究チームは7日、シベリアの大地に2万4000年、眠っていた微小動物を復活させたと発表した。体長0・5ミリの輪形動物(ワムシ)で、解凍後の増殖に成功したという。

 米科学誌カレント・バイオロジーの論文共著者で、モスクワ近郊プシノにある土壌科学・物理化学・生物学研究所のスタニスラフ・マリャビン博士は「凍結や乾燥といった条件下で生命をどう維持するのか、研究材料として使えると思う」と述べている。

 ワムシは、シベリア北東部サハ共和国を流れるアラゼヤ川で採集した地中奥深くの地質サンプル(コア)から得た。放射性炭素年代測定で約2万4000年前の土壌だった。(ワシントンAFP時事)