世界日報 Web版

ヘンリー英王子夫妻に第2子となる長女が誕生


女王にちなみ 「リリベット」 と命名、 王位継承順位は第8位

ヘンリー英王子夫妻に第2子となる長女が誕生

ヘンリー英王子(右)とメーガン妃=2019年3月、ロンドン(AFP時事)

 ヘンリー英王子(36)の妻メーガン妃(39)が4日、米カリフォルニア州の病院で第2子となる長女を出産した。夫妻が6日に声明で明らかにした。母子ともに健康という。

 王子の祖母エリザベス女王の家族内での愛称「リリベット」と、王子の母・故ダイアナ元皇太子妃の名前にちなみ、「リリベット・リリ・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザー」と名付けられた。

 夫妻は「彼女は私たちが想像していた以上の(素晴らしい)存在。世界中から寄せられる愛と祈りに感謝します」と喜びを表した。王室は6日声明を出し、女王と王子の父チャールズ皇太子らが知らせを受け「喜んでいる」と表明。ジョンソン首相もツイッターで「おめでとう」と祝意を述べた。

 BBC放送によると、リリベットちゃんは女王にとって11人目のひ孫。王位継承順位は夫妻の長男アーチー君(2)に次いで第8位となる。

 ヘンリー王子は昨年、王室の公務から引退して一家で米国に移住したが、王位継承順位は第6位のままとなっている。(ロンドン時事)