世界日報 Web版

DeNAの大和が快音、直球に絞り勝負強さ見せる


交流戦首位へのサヨナラ打、「勝ち癖がついてきた」

DeNAの大和が快音、直球に絞り勝負強さ見せる

9回、サヨナラの適時二塁打を放ち、喜ぶDeNAの大和(右)=6日、横浜(時事)

 普段は冷静なDeNAの大和がバットを投げた。会心の打球は前進守備の左翼手の頭を悠々と越え、フェンスに直撃。サヨナラ打を放った殊勲者は手荒い祝福を受け、笑顔がはじけた。

 苦しい展開だった。2点リードの八回に勝ちパターンを担う山崎が3連続二塁打を浴びて追い付かれた。九回の攻撃も先頭打者を出しながら2死二塁となって、大和に回ってきた。

 初球の直球をファウルすると、「変化球は空振りでいい」。割り切って狙いを定め、もう一度来た2球目の直球を仕留めた。

 遊撃守備に目が向きがちだが、交流戦は打率3割5分7厘、12打点の好成績。ここぞの場面での一打が光り、三浦監督も「あれだけの勝負強さはすごい。決めてくれるのはさすが」と手放しで称賛する。

 セ・リーグ最下位に沈むチームが、この勝利で交流戦首位に並んだ。大和は「すごくいい雰囲気。勝ち癖がついてきた」。監督も「みんなで戦っている空気が、結果につながっていると思う」と手応えを口にする。DeNAの反攻が始まった。