世界日報 Web版

楽天の則本昂投手、打球直撃も力投で勝利に導く


「痛みもなかった」、10奪三振でヤクルトを破り5勝目

楽天の則本昂投手、打球直撃も力投で勝利に導く

力投する楽天先発の則本昂=2日、神宮(時事)

 楽天の則本昂がアクシデントにも負けず、気迫の投球で勝利に導いた。1点リードの六回。ヤクルトの中軸を迎え、3番山田を右飛に打ち取った後だった。4番村上のライナーが右膝付近に直撃。打球が一塁方向に転がり、記録は一ゴロとなったが、則本昂はマウンドに倒れ込んだ。

 一度ベンチ裏に下がった右腕。しかし、すぐにグラウンドに戻った。「試合中の気持ちの入っているところで、痛みもなかった。すぐに行った方がいい感じだった」。5番オスナに対し、変化球を効果的に使って追い込むと、最後は153キロの直球で空振り三振。「とにかく抑えたい。それだけだった」。6回1失点で白星をつかんだ。

 立ち上がりに慣れない神宮のマウンドで感触を確かめている間に失点したが、二回以降は得点を許さなかった。切れのあるスライダーでカウントを稼ぎ、150キロ超の直球とフォークを軸に10奪三振。石井監督は「しっかりとゲームメークしてくれた。六回もしっかり締めてくれた」と評価した。

 「(三振を)10個取って勝つことができたので、それはよかった。もっともっと勝ってチームに貢献したい」。ヒーローインタビューで言葉に力を込めた。