世界日報 Web版

那覇地検、下地敏彦前宮古島市長を収賄罪で起訴


沖縄県宮古島市への陸上自衛隊配備をめぐる汚職事件で

那覇地検、下地敏彦前宮古島市長を収賄罪で起訴

下地敏彦前宮古島市長(時事)

 沖縄県宮古島市への陸上自衛隊配備をめぐる汚職事件で、那覇地検は2日、前市長の下地敏彦容疑者(75)を収賄罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、ゴルフ場「千代田カントリークラブ」(閉鎖)の土地を駐屯地用地として国に売却できた謝礼として、2018年5月24日、当時同ゴルフ場経営会社の社長だった下地藤康被告(64)=贈賄罪で起訴=から、東京都内で現金600万円の賄賂を受け取ったとされる。

 陸自の宮古島配備は、中期防衛力整備計画(中期防)に基づき14年、防衛省が市側に検討を要請。下地容疑者は市長時代の16年、陸自配備受け入れを表明した。

 捜査関係者によると、賄賂受け渡しの際、2人は申し合わせて、下地容疑者の出張中に東京都内で落ち合っていた。ゴルフ場経営会社は当時、負債を抱えていたという。