世界日報 Web版

「大仏鉄道」跡が人気、地域の憩いの場にも


わずか9年間の運行で廃止、公園には動輪のモニュメント

「大仏鉄道」跡が人気、地域の憩いの場にも

動輪のモニュメントが置かれている大仏鉄道記念公園=12日午後、奈良市(時事)

 わずか9年間の運行で廃止された通称「大仏鉄道」の廃線跡がひそかに人気を集めている。旧大仏駅跡に設けられた奈良市の大仏鉄道記念公園には、動輪のモニュメントが置かれ、地域の憩いの場にもなっている。

 大仏鉄道は、東大寺大仏殿への観光客輸送などを目的に1898年に運行開始。加茂駅(京都府木津川市)と奈良駅(奈良市)を結んだが、別の鉄道網の整備などに伴い1907年に廃止された。

 記念公園の近くに住む男性は「ここに鉄道があった歴史は多くの人に知ってほしい」と話した。