世界日報 Web版

ロッテ先発の佐々木朗、強運も武器にプロ初勝利


阪神に真っ向勝負、高校では届かなかった甲子園で力投

ロッテ先発の佐々木朗、強運も武器にプロ初勝利

力投するロッテ先発の佐々木朗=27日、甲子園(時事)


 
 ロッテの佐々木朗は強運を持ち合わせているのだろうか。5回を4失点で投げ終えた直後の六回に、味方打線が3点を奪って逆転。プロ初勝利の権利が転がり込み、「びっくりした」と驚きを隠せなかった。

 デビュー戦となった16日の西武戦は5回4失点で勝敗はつかず。19歳の右腕には苦い記憶が刻まれたが、自信は失っていなかった。この日投じた94球の大半は150キロ台の直球。セ・リーグ首位の阪神相手に真っ向勝負を挑んだ。

 ただ、許した7安打は全て自慢の球を捉えられた。3四球(申告敬遠含む)に1暴投と制球面の課題も露呈。それでも、吉井投手コーチは「上出来。賢い子なので本人も気づいていると思う。また次に生かしてほしい」と2度目の登板をねぎらった。

 岩手・大船渡高時代に最速163キロをマークし、超高校級の剛腕として名をとどろかせてから2年。「僕の中ではすごく長かったが、たくさんの方々に支えられて勝つことができた。この1勝で終わらないように、どんどん積み重ねていきたい」。同学年のヤクルト・奥川やオリックス・宮城らと次代の球界を担う「令和の怪物」が、高校では届かなかった甲子園のマウンドで大きな一歩を踏み出した。

 ロッテ・井口監督 プロ初勝利の佐々木朗について、「要所要所でミスも重なったりして失点は増えたが、しっかり投げてくれた。何とか打線が援護できたと思う」。