世界日報 Web版

ソチ五輪いよいよスタート、7日に開会式


6日にフィギュア団体など3競技、メダル狙う

ソチ五輪いよいよスタート、7日に開会式

報道公開された選手村の五輪マーク前で、記念撮影するアイスホッケー女子日本代表の選手ら=4日、ロシア・ソチ(時事)

 ロシアで初めて開催される冬季五輪のソチ大会は開会式前日の6日、3競技が行われ、冬の祭典がスタートする。

 まずは、新たに採用されたフィギュアスケート団体で、男子とペアのショートプログラム(SP)が行われる。日本は19歳の羽生結弦(ANA)を起用する予定で、ペアには高橋成美、木原龍一組(木下ク)が出場する。開会式翌日の8日の女子SPには浅田真央(中京大)が臨む予定。

 フリースタイルスキーの女子モーグル予選1回目には上村愛子、伊藤みき(ともに北野建設)らが挑む。5大会連続出場の上村は悲願のメダルを目指す。伊藤は右膝の負傷を乗り越えられるか。

 新種目のスノーボードのスロープスタイルには17歳の角野友基(日産X-TRAIL)が出場し、冬季五輪の日本選手で最年少のメダルを狙う。(ソチ時事)

17歳の角野友基、メダル1号狙う

ソチ五輪いよいよスタート、7日に開会式

スノーボード・スロープスタイル男子の公式練習でエアを見せる角野友基=4日、ロシア・ソチ(時事)

 新種目のスノーボード・スロープスタイルの公式練習が4日に行われ、日本勢でただ一人出場する男子の角野友基(日産X-TRAIL)が6日の予選に向けて入念に調整した。決勝は8日に行われ、今大会の全種目で最初のメダリストが決まる。角野は「日本勢に勢いをつける成績を出したい」とメダル獲得への意気込みを示した。

 コースには急勾配のジャンプ台があり、各選手とも難度が高いと評している。前日にはメダル候補のトシュテン・ホルグモ(ノルウェー)が転倒して鎖骨を骨折した。この日もフィンランドの女子選手が転倒して担架で運ばれ、けが人が続出している。角野は「魔物がすんでいるが、力まずに、いつも通りにやれば大丈夫」と平常心で臨むことを誓った。(ソチ時事)