世界日報 Web版

日ロが子供向け宇宙イベント、宇宙関係者が参加


ガガーリン宇宙飛行成功60周年、在ロシア日本大使館主催

日ロが子供向け宇宙イベント、宇宙関係者が参加

16日、日本とロシアの宇宙関係者が参加して行われたオンライン形式のイベント(時事)

 旧ソ連のユーリー・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行に成功してから今年で60周年を迎えたことを記念し、日本とロシアの宇宙関係者が参加する子供向けのイベントが16日、在ロシア日本大使館の主催によりオンライン形式で開催された。

 イベントには宇宙飛行士の山崎直子さんや、ロシアの元宇宙飛行士で国営宇宙企業ロスコスモスの理事を務めるセルゲイ・クリカリョフ氏らが参加。宇宙飛行に成功したガガーリンが1962年に日本を訪れた際の記録映像も披露された。

 モスクワ日本人学校の児童たちから「宇宙滞在時にロボットアームを操作した時は地上の訓練と違った感じだったか」といった質問が出ると、山崎さんは「無重力で操作すると自分の体が浮いてしまう。体をきちんと固定しなければいけないのが訓練と大きく違った」などと丁寧に答えていた。イベントの最後に上月豊久駐ロシア大使は「多くの刺激を子供たちは受けたと思う。(子供たちの中から)あしたの宇宙飛行士が生まれるのではないか」と語った。(モスクワ時事)