世界日報 Web版

夜の歓楽街・蘭桂坊カーニバル/香港


坂道に露店、サンバのリズム

 アジアの金融都市・香港の中心部に位置するセントラル(中環)には夜の歓楽街・蘭桂坊(ランカイフォン)が隣接し、勾配のある坂道の両脇にオープンカフェ、バー、レストランがぎっしりと軒を連ねる。

 昼間は閑散としている欧米式ナイトライフのメッカでは、年に一度、昼間も人が沸き、幼児や少年少女たちも楽しめるイベント「蘭桂坊カーニバル」が11月末、開かれた。

 今回で12回目となる同カーニバルは、ブラジルのサンバダンス、マジックショー、カンフーのパフォーマンス、パン食い競争が開かれ、トイザらスが大手スポンサーということもあり、子供向けアトラクションも充実。80以上の露店も出店し、老若男女が楽しめる“香港最大の野外パーティー”と化している。

 キリン、オカモトなど日系企業もスポンサーとして名を連ね、「岡本」のジャンバーや風船は際立っていた。

 1980年代の英領香港時代、香港には西洋人が気軽に楽しめるバーやカフェが少なく、香港のテーマパークとして成功した「オーシャンパーク(海洋公園)」の経営者で「蘭桂坊の父」と呼ばれるアラン・ジーマン氏が蘭桂坊のビルに3200万香港ドル(1香港ドル=15円)を投資してクラブやカフェ、バーをオープンさせ、他の投資家たちも投資して西洋式の社交場として独自の発展を遂げてきた。

 蘭桂坊を舞台にした香港中産階級の生活文化を表した映画「重慶森林」「晩九朝五」「喜愛夜蒲」などは香港の流行文化の発信地でもあることを示している。

 1990年には同エリアの100軒ほどの商業店舗が協力して非営利団体・蘭桂坊協会を設立し、蘭桂坊の文化発展のため、香港政府と協力し、健全かつ安全・安心な盛り場文化を広げるイベントを創出してきた。他にも毎年7月に音楽ビールフェスタや10月末のハロウィンのイベントも恒例化。

 香港の海外観光客数は年間約2500万人に対し、日本は今年の目標が1000万人。夜の歓楽街でさえ創意工夫して海外観光客を呼び込む話題作りや文化発信力は、日本の観光産業も見習うべき側面が大きい。

(香港・深川耕治)

 アジアの金融都市・香港の中心部に位置するセントラル(中環)には夜の歓楽街・蘭桂坊(ランカイフォン)が隣接し、勾配のある坂道の両脇にオープンカフェ、バー、レストランがぎっしりと軒を連ねる。

 昼間は閑散としている欧米式ナイトライフのメッカでは、年に一度、昼間も人が沸き、幼児や少年少女たちも楽しめるイベント「蘭桂坊カーニバル」が11月末、開かれた。

 今回で12回目となる同カーニバルは、ブラジルのサンバダンス、マジックショー、カンフーのパフォーマンス、パン食い競争が開かれ、トイザらスが大手スポンサーということもあり、子供向けアトラクションも充実。80以上の露店も出店し、老若男女が楽しめる“香港最大の野外パーティー”と化している。

 キリン、オカモトなど日系企業もスポンサーとして名を連ね、「岡本」のジャンバーや風船は際立っていた。

 1980年代の英領香港時代、香港には西洋人が気軽に楽しめるバーやカフェが少なく、香港のテーマパークとして成功した「オーシャンパーク(海洋公園)」の経営者で「蘭桂坊の父」と呼ばれるアラン・ジーマン氏が蘭桂坊のビルに3200万香港ドル(1香港ドル=15円)を投資してクラブやカフェ、バーをオープンさせ、他の投資家たちも投資して西洋式の社交場として独自の発展を遂げてきた。

 蘭桂坊を舞台にした香港中産階級の生活文化を表した映画「重慶森林」「晩九朝五」「喜愛夜蒲」などは香港の流行文化の発信地でもあることを示している。

 1990年には同エリアの100軒ほどの商業店舗が協力して非営利団体・蘭桂坊協会を設立し、蘭桂坊の文化発展のため、香港政府と協力し、健全かつ安全・安心な盛り場文化を広げるイベントを創出してきた。他にも毎年7月に音楽ビールフェスタや10月末のハロウィンのイベントも恒例化。

 香港の海外観光客数は年間約2500万人に対し、日本は今年の目標が1000万人。夜の歓楽街でさえ創意工夫して海外観光客を呼び込む話題作りや文化発信力は、日本の観光産業も見習うべき側面が大きい。

(香港・深川耕治)

-->