世界日報 Web版

国連IPCC報告と海洋の危機


小松 正之

東京財団政策研究所上席研究員 小松 正之

 台風15号と19号が続けて日本を襲い、多数の地域で水害をもたらした。その後、10月25日には低気圧が千葉県を中心に水害をもたらした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ