世界日報 Web版

「災害の日常化」と危機管理力


濱口 和久

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 台風15号の被害の爪痕が癒える間もなく、台風19号が日本列島を襲った。被害の範囲も東海・関東甲信越・東北地方に及んだ。当初、台風19号の進路予想から、首都圏に甚大な被害が出ることが予想されていた。東京都や神奈川県、埼玉県などでも浸水や土砂崩れなどが起きた地域があったが、それ以上に長野県や北関東・東北地方では、目を覆うような惨状が至る所で起きた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ