世界日報 Web版

軍事支出をめぐる米独の対立


小林 宏晨

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 欧州ではドイツほどに多くのアメリカ軍を受け入れている国は存在しない。しかし現在ではこの実績は高く評価されてはいても、将来の必要性については必ずしも双方から評価されていない。なぜか? 今般はこの現象について検討したい。

 国際政治の現状では依然として「力による現状変更」を試みる勢力が存在する。それはなかんずく中国とロシアである。ロシアはウクライナの内戦に軍事介入し、しかも軍事力をもってクリミア半島を併合した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ