世界日報 Web版

故野呂田元防衛庁長官の教え


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 1965年、初めて日本の土を踏んでから早53年が経過した。その間、多くの日本の方々にお世話になった。特に日本滞在問題では多くの政治家にお世話になったことは言うまでもなく、多くの財界の方々に精神的および物質的な面で大変お世話になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ