世界日報 Web版

地位協定資格者の活用を


ロバート・D・エルドリッヂ

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 人口減少に直面する日本で、ここ数年、特にここ数カ月の間、特定技能などを持つ外国人労働者の受け入れに関する「外国人人材拡大」の必要性が議論されている。

 人手不足は長い間、問題となっている。実際、15の仕事に対して、働き手は10人しかいない。地域や分野によってはもっと悪い。東京五輪が近づき、年間訪日外国人数は2011年の600万人から3100万人に達し、数十年後には6000万人になると予測されており、状況は悪くなるばかりだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ