世界日報 Web版

中国の覇権助ける日本の支援


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 この原稿を書いている最中も各政党は参議院選挙で有権者の支持を得るためにさまざまな目先の甘い言葉を乱発して訴えている。年金問題や教育の無償化、消費税10%の是非などがそうであってどれも今、受けの良い言葉ばかりである。国家の基本的な問題や教育の目的そのものに触れる候補者は見当たらない。例えば現在の教育の副産物として生じているさまざまな衝撃的事件などの原因について言及している候補者も見当たらなければ、国家の安全保障についても大きな焦点にはなっていないように思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ