世界日報 Web版

平成の御代の終わりに


櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 平成の御代が終わる。平成の御代の30年の歳月の中で、特に2000年以降、日本の人々は、何を経験したか。それは、リーマン・ショック、すなわち「百年に一度の経済危機」であり、東日本大震災、すなわち、「千年に一度の震災」である。日本の人々に対して、次に何か途方もない「災厄」が降り掛かるとすれば、それは、どのようなものか。

中朝からの「災厄」懸念


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ