世界日報 Web版

準備不足だった米朝首脳会談


遠藤 哲也

元日朝国交正常化交渉日本政府代表 遠藤 哲也

 昨年6月8日、シンガポールで行われた第1回米朝首脳会談と、2回目となった2月27、28日のハノイでの会談は、いずれも政治ショー的な色彩が濃く、肝心の目標であった北朝鮮の非核化については、進展の乏しいものであった。通常、首脳会談は用意周到の下に行われるので、成功を収めるのが通例なのだが、決裂しなかったことが唯一の成果とは珍しいものであった。米朝交渉に伴う準備不足の結果であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ