世界日報 Web版

今必要な「ポジティブ心理学」


根本 和雄

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 1998年の夏にサンフランシスコで開催されたアメリカ心理学会(APA)で、会長のマーティン・セリグマン教授(ペンシルベニア大学)が講演を行い、二つのことを提起している。すなわち、これまでの心理学の発展は著しいが―特に臨床心理学の領域では―精神的な障害や人間の弱さの面に注目が当てられたネガティブな側面に偏りがちであったことへの反省から、これまでの心理学を見直そうとする提案である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ