世界日報 Web版

自主防衛を目指すべき情勢


竹田 五郎

頼れないオバマ米政権

軍事評論家 竹田 五郎

 米経済誌「フォーブス」今年の「世界で

 最も影響力のある人々」の番付によれば、オバマ米大統領は2位に降格した。シリア化学兵器対策、情報機関の盗聴や、財政窮迫によるデフォルト危機などで、既に「レームダック、オバマ」との声もある。わが国でも同大統領の安全保障政策に対する指導力不足を憂慮する意見も散見される。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ