世界日報 Web版

独首相の携帯盗聴と国際法


小林 宏晨

禁じていない情報活動

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 米国の情報機関「国家安全保障局(NSA)」によるドイツのメルケル連邦首相の携帯電話盗聴はマスコミを含めて極めて重大なスキャンダルと見做(みな)されている。この事件は国際法的にどのように評価されるべきなのだろうか。結論から言えばNSAの盗聴は原則的に国際法的に禁じられてはいない。以下この問題の法的側面について検討しよう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ