世界日報 Web版

日本食のルーツは雲南に?!


金子 民雄

歴史家 金子 民雄

 最近よく聞くことは、日本に来た外国人が日本の風景を楽しむ他に、その風俗習慣というか、特に日本の食生活に関心を持ち、それが好きになったという話である。

 そんなことは少なくとも以前には、ほとんど耳にすることがなかった。特に日本食(和食)は、外国人には向かないとよく言われていた。現実に日本食を出すと、ひどく敬遠する人が多かった。そのためうっかり外国人を家に招くと、振る舞う食事のメニューで困ることがあった。味と臭いがうまく合わず、私の希望で作ったものの、母親がいつも頭を痛めていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ