世界日報 Web版

自主防災組織の活性化図れ


濱口 和久

拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長 濱口 和久

 今年の3月11日で、1万8000人を超える死者・行方不明者を出した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から丸6年となるが、被災地はいまだに復興の途上にあり、震災の爪痕が至る所に残っている。

 東日本大震災以降も、日本列島は大雨、台風、地震により大きな災害に見舞われてきた。その中でも昨年4月の熊本地震は記憶に新しいところだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ