世界日報 Web版

地震から半年、復興途上の熊本


濱口 和久

拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長 濱口 和久

 熊本地震が起きてから半年が経った10月14日、私は熊本空港に降り立ち、16日まで熊本に滞在した。熊本空港は地震によって、空港ビルの天井の一部が崩れるなどの被害を受けた。いまだに壁にヒビが入っている箇所もあり、改修工事が行われている。

 熊本地震では震度7の揺れを2度記録し、震度1以上の地震が4887回(10月14日時点)を数える。震災関連死を含めた死者数は110人。熊本県の試算では、被害額は3兆7850億円になるという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ