世界日報 Web版

多様性ある社会を目指して


柏木 茂雄

慶應義塾大学特別招聘教授 茂雄

 今月初め、国内主要企業の多くが来春採用予定者を集めて内定式を開いた。女子内定者の一人が「定年までこの会社で頑張ります」と決意表明している姿をテレビで見て、エールを送りたいと思う一方「大丈夫かい?」と聞いてみたくなった。彼女は今後予想される世界の激変に気付いているのだろうか?

 人工知能等の出現は職業の在り方を激変させ、今ある仕事が消滅する一方、まだ見ぬ新しい仕事が出現するであろう。彼女の就職予定先は今のまま存続できるだろうか? 我が国でも欧米のように年齢による解雇が禁止され「定年」の概念はなくなるかもしれない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ